太陽熱温水器の撤去工事

太陽熱温水器の撤去工事

太陽熱温水器をお使いのお客様へ

こんなことありませんか?
太陽熱温水器が壊れて使っていない。
最近太陽熱温水器の効率が下がってきた。

太陽熱温水器放っておくと

太陽の熱でお湯をつくる太陽熱温水器。
過去に設置した太陽熱温水器が、今は全く機能していないまま屋根に乗っかっている、といった方は多くいらっしゃいます。
実は、面倒臭がって屋根に乗せたままにしておくことは非常に危険なのです。

ソーラーシステムは100キロ~300キロほどの重量があるので、20年以上も前に設置して、メンテナンスも全く行っていないものが常に屋根の上にあると考えると、とても怖いですね。

地震の際も危険ですし、ソーラーシステム(太陽熱温水器)は水漏れなどの事例も多いです。
さらに、劣化などで配線がむき出しになってしまい、稼動力が低下したため余計に電気を使ってしまっていた、ということもあるのです。
太陽光発電やオール電化に変えるタイミングで撤去も考えてる方が多いようですが、先にソーラーの撤去だけでも済ませておくことをお薦めいたします。

作業内容

雨樋の清掃

① 太陽熱温水器の解体作業

太陽熱温水器は、屋根の上で温水器の中に余った水抜きを行ってから解体作業を行います。

破損箇所・異常の点検

② 給水・給湯ホースの取り外し・接続配管のつなぎ替え作業

解体したパネルを本体から取り外し、取り外したパネルを順番に屋根から降ろします。
同様に貯水タンクも慎重に屋根から降ろします。

排水の確認・点検

③ 屋根面の点検・清掃

太陽熱温水器のサビ・ほこりなどが屋根面に付着・蓄積していますので、屋根の清掃を行います。
掃除の後に、屋根の点検をさせていただきます。

点検の際に瓦にヒビが入っているなど、修理が必要な場合は、適切な処置をご提案し、見積もりさせていただきます。
見積もり金額と作業内容ご納得の上で別途修理作業も承っております。

ページトップへ

cat