瓦屋根

瓦屋根

施工事例になります。
過去10.000件以上の中から施工事例をご紹介します。

津市 H様邸 棟部銅線巻き替え工事

    • 施工前施工前
    • 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 津市
    施工内容 棟部の古い銅線を新しい銅線に巻き替えをおこなう工事
    参考価格 120,000円
リフォームのきっかけ

2階の部屋から屋根を見ていると、銅線が切れているように見えるとの事。無料点検をさせて頂きました。

提案内容

古い銅線を除去後、新しい銅線を使用し、棟部を緊結する工事を御提案いたしました。

施工前画像
  • 1本の冠瓦(一番上の瓦)に対し、1本の銅線で緊結してあるのが理想です。緊結の仕方が荒いです。
    1本の冠瓦(一番上の瓦)に対し、1本の銅線で緊結してあるのが理想です。緊結の仕方が荒いです。

  • 冠瓦の上にはわしてある鉄線が錆びて、下の瓦を痛めてます。
    冠瓦の上にはわしてある鉄線が錆びて、下の瓦を痛めてます。
  • 掛け瓦の上の鉄線も錆びて、下の瓦を痛めてます。
    掛け瓦の上の鉄線も錆びて、下の瓦を痛めてます。

施工後画像
  • 新しい銅線にて棟部の巻き替えをおこないました。♯18の番手を使用しています。
    新しい銅線にて棟部の巻き替えをおこないました。♯18の番手を使用しています。

  • 棟部の上の銀色の線は、ステンレスの棒です。錆びる心配は無用です。
    棟部の上の銀色の線は、ステンレスの棒です。錆びる心配は無用です。

  • 掛け瓦には、ステンレス ゴムパッキン付ビスを使用し、屋根地に留めました。ズレや飛散に有効です。
    掛け瓦には、ステンレス ゴムパッキン付ビスを使用し、屋根地に留めました。ズレや飛散に有効です。

松阪市 T様邸 瓦屋根リフォーム工事

    • 施工前施工前
    • 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 松阪市
    施工内容 瓦葺き替え工事
    参考価格 900,000円
リフォームのきっかけ

築90年経っており、谷樋や壁の辺りから雨漏りがするとの事。無料点検をして欲しいと依頼されました。

提案内容

焼成温度や粘土土があまり良くない瓦の様で、傷みが激しく、瓦の差し替え工事では雨漏りが止めることが困難な為、葺き替え工事を御提案致しました。

施工前画像
  • 本来なら、瓦の並びが真っ直ぐになってないといけません。かなり蛇行しており、ずれてます。
    本来なら、瓦の並びが真っ直ぐになってないといけません。かなり蛇行しており、ずれてます。

  • ずれている瓦も多いのですが、写真のように傷んでいる瓦が多数ありました。
    ずれている瓦も多いのですが、写真のように傷んでいる瓦が多数ありました。
  • 谷樋の写真です。この様に傷んでは、雨が谷樋に流れません。
    谷樋の写真です。この様に傷んでは、雨が谷樋に流れません。

施工中画像
  • この様に瓦を剥がした後、赤土(葺き土)を除去します。
    この様に瓦を剥がした後、赤土(葺き土)を除去します。

  • 瓦・赤土を除去した後の谷樋です。腐っており雨漏りが起こるのが当たり前の状態です。
    瓦・赤土を除去した後の谷樋です。腐っており雨漏りが起こるのが当たり前の状態です。

  • 赤土にプラスティック面戸を施工しました。漆喰は剥がれてくることが懸念されますが、この面戸は大丈夫です。
    赤土にプラスティック面戸を施工しました。漆喰は剥がれてくることが懸念されますが、この面戸は大丈夫です。
施工後画像
  • 淡路島産の特選燻し瓦です。下地から全て新品なので、安心して暮らして頂けるようになりました。
    淡路島産の特選燻し瓦です。下地から全て新品なので、安心して暮らして頂けるようになりました。

  • 蛇行していた瓦がこの様に葺き替え工事をおこなうと、真っ直ぐに葺き上がります。
    蛇行していた瓦がこの様に葺き替え工事をおこなうと、真っ直ぐに葺き上がります。

  • 半丸から奥の屋根は既存の屋根です。葺き替え工事もこの様に同一屋根面でも分けて施工出来ます。
    半丸から奥の屋根は既存の屋根です。葺き替え工事もこの様に同一屋根面でも分けて施工出来ます。

松阪市 O様邸 瓦屋根リフォーム工事

    • 施工前施工前
    • 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 松阪市
    施工内容 瓦葺き替え工事
    参考価格 4,500,000円
リフォームのきっかけ

築80年経っており、瓦のズレ、傷みが激しく、色んな箇所から雨漏りが発生し、直してほしいと依頼されました。

提案内容

傷んだ瓦を交換すれば雨漏りが止まるというレベルでは無く、木下地から修理をしないといけないと判断した為、瓦の葺き替え工事を御提案しました。

施工前画像
  • ブルーシートが掛かっている箇所がひどく雨漏りが発生した箇所です。
    ブルーシートが掛かっている箇所がひどく雨漏りが発生した箇所です。

  • 写真のように傷んだ瓦があちこちにありました。
    写真のように傷んだ瓦があちこちにありました。
  • このように傷んだ瓦から雨漏りが発生します。地面から見ているだけでは発見しづらいです。
    このように傷んだ瓦から雨漏りが発生します。地面から見ているだけでは発見しづらいです。

施工中画像
  • 上質のルーフィングを施工しました。ゴムが含有されており、破れにくいのが特徴です。
    上質のルーフィングを施工しました。ゴムが含有されており、破れにくいのが特徴です。

  • 桟瓦を留める桟木を施工しました。ウォーターホール付き防腐処理済みの木材を使用してます。
    桟瓦を留める桟木を施工しました。ウォーターホール付き防腐処理済みの木材を使用してます。

  • 荷揚げ中です。選別をし、瓦葺き工事の段取りをおこないます。
    荷揚げ中です。選別をし、瓦葺き工事の段取りをおこないます。
施工後画像
  • 完成です。和風住宅には、燻し瓦がとてもよく似合います。本当に美しいです。
    完成です。和風住宅には、燻し瓦がとてもよく似合います。本当に美しいです。

  • 意匠性を考え、若葉足付のカエズ鬼を使用しました。スッキリとした印象に高級感をプラスしたデザインです。
    意匠性を考え、若葉足付のカエズ鬼を使用しました。スッキリとした印象に高級感をプラスしたデザインです。

  • 垂木・広小舞・化粧裏板など全ての木材も新品です。この様な工事も森亀瓦店にお任せください。
    垂木・広小舞・化粧裏板など全ての木材も新品です。この様な工事も森亀瓦店にお任せください。

愛知県 南知多町

    • 松阪市  T・M 様 施工前施工前
    • 松阪市  T・M 様 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 愛知県 南知多町
    施工内容 接触事故に被害箇所を復元、修理
    参考価格 200,000円
リフォームのきっかけ

運送会社のトラックが建物に近くに寄りすぎたため、破風板、垂木などを損傷しました。知人の紹介(保険会社)から依頼を受け、工事(瓦・木・左官)させていただきました。

提案内容

築60年経つお堂を元通り、復元する(木材、瓦すべて)ことを御提案致しました。

施工前画像
  • 接触事故により、破風板が割れて無くなっています。
    接触事故により、破風板が割れて無くなっています。

  • 破風板だけでなく、屋根材を支える垂木も傷めています。
    破風板だけでなく、屋根材を支える垂木も傷めています。
  • 工事で使う主な資材です。県外出張の為、忘れ物は許されません。
    工事で使う主な資材です。県外出張の為、忘れ物は許されません。

施工中画像
  • 傷んだ木材を交換するには、まず瓦と葺き土を除去する必要があります。
    傷んだ木材を交換するには、まず瓦と葺き土を除去する必要があります。

  • 傷んだ破風板、垂木を除去しました。
    傷んだ破風板、垂木を除去しました。

  • これが傷んだ木材です。
    これが傷んだ木材です。
施工後画像
  • 全ての工事が完了です。瓦工事は勿論、木工事、左官工事も自社施工でお値打ちに仕上がりました。
    全ての工事が完了です。瓦工事は勿論、木工事、左官工事も自社施工でお値打ちに仕上がりました。

  • 新しい破風板、垂木を交換しました。築年数に合わせて、防腐処理(塗装工事)もおこないました。
    新しい破風板、垂木を交換しました。築年数に合わせて、防腐処理(塗装工事)もおこないました。

  • 雀口(軒先)の漆喰も、おこないました。これで雨仕舞いもバッチリです。
    雀口(軒先)の漆喰も、おこないました。これで雨仕舞いもバッチリです。

大紀町 F様邸

    • 松阪市  T・M 様 施工前施工前
    • 松阪市  T・M 様 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 大紀町
    施工内容 瓦葺き替え工事
    参考価格 4,000,000円
リフォームのきっかけ

築80年の物件で、いたる箇所で瓦の割れ、ズレが見受けられ、雨漏りが発生。これからも住み続けるため、屋根瓦の全面リフォームを依頼。

提案内容

築80年が経っており、修理工事では雨漏りを止めることが出来ない為、屋根瓦全面リフォーム、屋根下地や破風板などの木工事、雨樋板金工事も提案し、これからも安心してお住まい頂ける住環境をご提案しました。

施工前画像
  • 雨漏りの為、所々が腐ったり、傷んでいます。
    雨漏りの為、所々が腐ったり、傷んでいます。

  • 築80年。大丈夫にも見えますが、瓦の割れ・ズレが発生してます。
    築80年。大丈夫にも見えますが、瓦の割れ・ズレが発生してます。
  • 破風板や壁も経年により、かなり傷んでます。
    破風板や壁も経年により、かなり傷んでます。

施工中画像
  • 下地用合板とルーフィングを施工中。
    下地用合板とルーフィングを施工中。

  • 瓦葺き前です。雨養生もしっかりとおこないます。
    瓦葺き前です。雨養生もしっかりとおこないます。

  • 古い屋根下地を全て除去し、下地の修正工事をおこないます。
    古い屋根下地を全て除去し、下地の修正工事をおこないます。
  • 古い瓦や赤土を除去しています。
    古い瓦や赤土を除去しています。

施工後画像
  • 化粧裏板も新品になりました。新しい木目が綺麗です。
    化粧裏板も新品になりました。新しい木目が綺麗です。

  • 工事完了です。ピッカピッカの燻し瓦です。
    工事完了です。ピッカピッカの燻し瓦です。

  • 漆喰工事や板金工事も自社施工でお値打ちに仕上がります。
    漆喰工事や板金工事も自社施工でお値打ちに仕上がります。
  • 破風板や壁も新品になり、美しく、しかも丈夫に仕上がりました。
    破風板や壁も新品になり、美しく、しかも丈夫に仕上がりました。

鈴鹿市 A様邸

    • 松阪市  T・M 様 施工前施工前
    • 松阪市  T・M 様 施工後施工後
  • リフォーム概要
    場所 鈴鹿市
    施工内容 漆喰工事
    参考価格 80,000円
リフォームのきっかけ

屋根の上から漆喰が落下し、雨漏りの心配が無いか?心配になりお問い合わせを頂きました。

提案内容

経年による漆喰の剥がれは、よく見受けられるが、定期的にメンテナンスすることにより、屋根が長持ちする事を提案。傷んでいる漆喰を除去後、新しい漆喰を施工。

施工前画像
  • のし瓦上の漆喰が所々落ちています。雨の侵入が心配されます。
    のし瓦上の漆喰が所々落ちています。雨の侵入が心配されます。
  • 鬼瓦下の漆喰が剥がれおちています。
    鬼瓦下の漆喰が剥がれおちています。

  • 降り棟と隅棟の繋ぎ部分の漆喰がありません。
    降り棟と隅棟の繋ぎ部分の漆喰がありません。

  • 新築当時はあったはずの漆喰が経年でありません。
    新築当時はあったはずの漆喰が経年でありません。

施工後画像
  • 鬼瓦下やのし瓦の漆喰を施工しました。
    鬼瓦下やのし瓦の漆喰を施工しました。
  • 古い漆喰を除去後、新しい漆喰を施工しました。
    古い漆喰を除去後、新しい漆喰を施工しました。
  • 降り棟の繋ぎ部分に漆喰を施工しました。
    降り棟の繋ぎ部分に漆喰を施工しました。
  • 漆喰を施工する事で雨の侵入が無くなりました。
    漆喰を施工する事で雨の侵入が無くなりました。

ページトップへ

cat